ダイエット医薬品の脂肪燃焼効果について調べました!

脂肪燃焼効果って何?

脂肪燃焼効果って何?

脂肪燃焼効果とは、文字通り脂肪をエネルギーとして燃焼させることを言います。それを考える上でまず知っておかなければならないのは、脂肪は2種類に分けられるということです。

脂肪は、大きく褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞という2つに分類され、いわゆる燃焼させる脂肪というのは、白色脂肪細胞のことを指します。

褐色脂肪細胞は、その名前で誤解されがちですが、脂肪を燃焼させて体温を維持させるなど、どちらかというと痩せることに繋がる役割を持っています。

脂肪は、溜めこまれている中性脂肪の形のままでは燃焼させる故tができません。遊離脂肪酸という物質へと変化させてから、エネルギーとして用いる必要があります。

では、その変化を起こすにはどうすれば良いのかというと、運動によってスイッチを入れてあげる必要があります。運動をすると、血糖値が下がり、エネルギーの必要性などを感じて交感神経が活発化されます。

すると、リパーゼという酵素の活性に繋がり、中性脂肪が遊離脂肪酸とグリセリン・グリセロールへと分解されます。遊離脂肪酸が作られた後は、速やかに消費しないと、身体の吸収循環に乗って再度中性脂肪に戻ってしまう事になります。

脂肪燃焼効果を発揮させるには、30分以上の継続的な有酸素運動が良いとされています。脂肪というのはいわば、身体に蓄積されているバッテリーのようなものです。

身体というものは、蓄積されているエネルギーよりも、入ってきた新しいエネルギーを使おうとする性質があります。有酸素運動をある程度持続させなければ脂肪燃焼には繋がらないとされている考え方は、このメカニズムから来ています。

また、食事において脂肪燃焼効果を意識する場合、GI値という指標が目安になります。これは食べてからどれだけの早さで血糖値を上げるかというもので、空腹時に最初に食べる食材のGI値が、血糖値に大きく影響を与えます。

GI値の高いものは、一般的に即座にエネルギーに代わるとして知られているおにぎりやうどん、甘いものです。血糖値の急激な上昇を防ぐことは、リパーゼの活性化にも繋がるため、GI値の低い野菜類から食べるようにしてください。

また、直接脂肪燃焼効果は与えられないものの、無酸素運動である筋力トレーニングも間接的には影響を与えてきます。筋肉の量が多ければそれだけ、遊離脂肪酸もエネルギーとして用いられるからです。疎かにしない程度の感覚として、意識しておいてください。