ダイエット医薬品の中にも色々な効果があるお薬があります。

ダイエット医薬品の種類

ダイエット医薬品の種類

ダイエット医薬品にはたくさんの種類がありますが、大きく分けると二種類の効果があるといえます。一つ目は、食欲自体を抑えることでダイエット効果を狙うものです。飲むことで食生活の改善を狙う食欲抑制剤はこちらに該当します。二つ目は、食べたもの自体を排出してしまうものです。糖分や油分など、特定の成分を摂取しても体内に取り込まれないように阻害する作用を持った薬が挙げられます。それぞれ、現在自分がダイエットが必要になってしまった原因に合わせて選ぶと良いでしょう。

ダイエット医薬品ならくすりぴあ通販がお薦めです。

食欲抑制効果とは?

食欲抑制効果とは?

かなりの量の食事を口にしたにもかかわらず、すぐに空腹感が出てきてしまい、ついデザートなどを食べ過ぎてしまうという人も多いです。食欲が抑えきれなくなるせいで、運動を続けていてもダイエットが上手くいかないという人は、食欲抑制効果のある痩せ薬を試してみてください。病院などで行われている肥満治療は、ただ栄養バランスを整えるための指導を行うだけでなく、食欲抑制効果のある痩せ薬の処方もされています。薬の効果で食欲を抑えられるだけで、デザートを食べるのを我慢できようになり、ダイエットに成功した人も増加中です。食抑制効果が強すぎて、通常の食事にまで悪影響が出てしまう事は少ないですから、安心して服用で着ます。

まだ苦しいダイエットをやりますか?食べながら痩せる事もできるんです。詳細はこちら

吸収阻害効果とは?

吸収阻害効果とは?

吸収阻害効果とは、食事から摂った栄養分の吸収を阻害する働きのことで、そのような効果を持つ薬やサプリメントを吸収阻害材と呼びます。代表的な吸収阻害剤のブランドとしては、ゼニカルが代表的ですが、脂質の吸収阻害効果として配合されている成分が、オルリスタットです。オルリスタットは経口からの服用により腸内のリパーゼに作用して腸管からの脂肪の吸収を阻害する働きがあります。食事で摂った脂肪だけに作用し、その30%の吸収を阻害、吸収されなかった脂肪は、大便として肛門を介して排泄されます。

食べてもなかった事にしてくれるゼニカルはお薬boxで購入できます。

脂肪燃焼効果とは?

脂肪燃焼効果とは?

脂肪燃焼効果のある運動は有酸素運動です。有酸素運動とは水泳やボクシングなど、低〜中程度の負荷を継続的にかけるものです。体を動かすエネルギーを作る際に酸素をたくさん使い、主に糖質と脂肪エネルギーとして使われます。脂肪燃焼効果のある食事は野菜中心のものになります。また、脂肪燃焼スープを取り入れることも効果的です。唐辛子を入れることで、食べるスピードを落とし、満腹感を得られるようにするとよいです。鶏肉や豚肉を使い、野菜がたっぷり入っている鍋料理も効果的な食事といえます。

食欲抑制剤といえばリデュースが有名?

食欲抑制剤といえばリデュースが有名?

「リデュース」は、食欲抑制剤として海外で有名な「リダクティル」の後発薬、いわゆるジェネリック薬品としてその名が知られるようになりました。原発性高血圧のリスクが少ないことなどが特長です。主成分ジブトラミンの働きにより、セロトニンが働く事を抑え食欲をコントロールする食欲抑制剤です。1日1回1錠を食前に服用することで1日の食欲を抑えられます。ジェネリック薬品のため、比較的安価で購入できますが、日本国内では未承認のため海外通販などで個人輸入をすることとなります。